診療科目 Overview

総合内科 Internal Medicine 小児科 

メンタルヘルス科 循環器科 

整形外科 泌尿器科 婦人科 消化器科

診療時間 Business Hours:

月曜日~土曜日 Mon to Sat:

8:00~17:00 (12:00~14:00の間、昼食休憩のため、医師不在のことがありますので、事前のご予約をお勧めします)

休診日: 日曜日、ベトナムの祝日

Closed: Sun, national holidays

無料送迎サービス:専用車で送迎します

対応言語 : 日・英・越 

Languages: Jpn, English, Viet

日系海外保険旅行保険(キャッシュレスサービス)取扱い

連絡先 Contacts

Tel              :  024 3661 1919

Fax             :  024 3661 1818

Address      : 10F,  Hanoi Tourist Building,

                     18 Ly Thuong Kiet Street,

                      Hoan Kiem District, Hanoi

E-mail         : info@tokyo-clinic.tokyo

Website        http://tokyo-clinic.tokyo/

Facebook  東京インターナショナルクリニックハノイ

ハノイ MED X TALK ライフプロジェクト

Hanoi Clinic

 

初診の方へ

初診の場合、以下のものをご持参下さい。

・パスポート

・海外旅行保険カード

・お薬手帳、または内服中のお薬

・他院からの紹介状(あれば)

TOKYO INTERNATIONAL CLINIC MAP

ハノイ 観光、行政の中心であるホアンキエム地区にあります。オペラハウスのすぐ近くです。ハノイ市内無料専用送迎車ご利用できます。

取扱い保険会社

リンク

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在地: ホーム検査MRI検査

検査

迅速検査

Written by 水曜, 24 10月 2018 09:41

迅速診断キット〔検査にもよりますが10分前後で結果判明します)

 

当院では、各種迅速診断キットを取り揃えております。今後も随時追加予定です。

 

胃腸炎 ロタ・アデノ・ノロウイルスウイルス検査

上気道炎、下気道炎 インフルエンザウイルス・マイコプラズマ検査・溶レン菌検査・アデノウイルス検査

眼科 アデノウイルス検査

発熱疾患 デングウイルス検査

性病 淋菌検査(クラミジアや梅毒は外部検査)

 

 

マンモグラフィ

Written by 金曜, 23 1月 2015 09:56

マンモグラフィ*

 

乳房を圧迫板ではさみ、左右の乳房に対し2方向ずつX線撮影を行ないます。
乳がんの初期のサインである、しこりとして触れない微細な石灰化や腫瘍などを発見できます。
日本人女性の場合は乳がんの罹患年齢のピークが40代であり、乳がんの早期発見のために本検査が推奨されております。
乳がん健診として、また、ご自分で乳房を触れて「しこり」を見つけたり、乳頭からの分泌物など気になる症状がある場合は受診しましょう。

 

妊娠中の方、妊娠の可能性のある方はお申し出ください。

*近隣施設での施行となります。

 

MRI

Written by 金曜, 23 1月 2015 09:52

MRI:脳ドック*


トンネル状の大きな磁石の中に体を置き、磁気の共鳴を利用して画像を描き出します。縦横斜めなどあらゆる方向から脳の断面画像を鮮明に映し出すことができます。
日本では現在、1年間に約13万人が脳梗塞、脳出血、くも膜下出血で亡くなっており、がん、心臓病に次ぐ死因の第3位となっています。CTで描出困難な発症間もない脳梗塞や小さな梗塞の他、脳腫瘍などの診断も可能です。MRA(血管の走行を立体画像として映し出します)も行なっております。脳血管造影検査と違い造影剤を必要としないため、合併症を回避できます。脳動脈瘤や脳動脈の閉塞、脳動静脈奇形の診断に効果を発揮します。15分程度で終了いたします。

*近隣施設での施行となります。

 

CT

Written by 金曜, 23 1月 2015 09:51
CT:肺がん検診*
 
呼吸を止めてトンネル状の器械をくぐり、胸部を輪切りにした画像を撮影する検査です。データを再構成して縦切りの像を作ることもできます。CT検診による肺がん発見率は単純X線によるものより10倍程度高いことが言われています。特に早期肺がんの発見の比率が高く、その治療成績も良好であること、また予後が良いとされるすりガラス陰影を呈する高分化型腺がんの比率が高いことなどが明らかにされました。肺気腫、結核などの診断にも有力な検査です。検査は3分ほどで終了いたします。
*近隣施設での施行となります。

胃・大腸内視鏡

Written by 金曜, 23 1月 2015 09:49

胃内視鏡検査 *

・食道、胃、十二指腸の内視鏡による検査です。潰瘍、がんの早期発見・早期治療につながります。ベトナム人または日本内視鏡学会専門医がオリンパス社製ファイバースコープを用いて検査を行ないます。

・咽頭麻酔、鎮静剤の投与により、検査の負担を最小限に抑えます。所要時間は5~15分。

・嚥下困難、胸焼け、胃もたれ、むかつき、痛みなどの症状が気になった場合、内視鏡検査を受けましょう。

 

*近隣施設で施行いたします。

 

大腸内視鏡検査 *

・直腸、大腸の内視鏡検査です。大腸がん、ポリープの検索、治療を行ないます。

ベトナム人または日本内視鏡学会専門医がオリンパス社製ファイバースコープを用いて検査を行ないます。

・腸管を洗浄するために下剤の内服が必要になります。鎮静剤の投与をいたします。所要時間は15~30分。

・血便、黒色便、貧血、便秘、下痢を繰り返す、無症状でも便潜血検査が陽性の場合、大腸内視鏡検査をお勧めします。

 

*近隣施設で施行いたします。

 

詳細はお問い合わせ下さい。

 

2017Oct16 13h43

 

 

ピロリ菌検査

Written by 金曜, 23 1月 2015 09:43

ピロリ菌と胃がん

日本では毎年約5万人が胃がんにより亡くなる「国民病」。ところが胃がんを進行度で見た場合、早期胃がんの予後はきわめて良好で、5年生存率95%以上です。また、わが国では治療の進歩により胃がんの5年生存率は60%を超え、欧米の20%を大きく上回っています。

わが国の10代、20代ではピロリ菌の感染率は約10%ですが、65歳以上では70%を超えています。幼少時にピロリ菌に感染するとヘリコバクター・ピロリ感染胃炎が発生、これが長く続くと萎縮性胃炎を引き起こし、その間に十二指腸潰瘍、胃潰瘍、胃過形成性ポリープ、胃がんなどを発症する可能性が指摘されています。ピロリ菌に感染していない人ではこれらの疾患が少なく、また、感染している人でも除菌治療によって、これらの発症を予防することが期待できます。

 

ピロリ菌の呼気試験

 当クリニックでは「尿素呼気試験法」によるピロリ菌検査を行なっています。6時間の食事制限ののち、錠剤を内服、20分ほど安静にしていただき呼気を採取するだけの苦痛がなく精度の高い検査です。ピロリ菌が陽性の場合、胃内視鏡検査をお勧めします。

検査

Written by 火曜, 07 10月 2014 20:09