診療科目 Overview

総合内科 Internal Medicine 小児科 

メンタルヘルス科 循環器科 

整形外科 泌尿器科 婦人科 消化器科

診療時間 Business Hours:

月曜日~土曜日 Mon to Sat:

8:00~17:00 (12:00~14:00の間、昼食休憩のため、医師不在のことがありますので、事前のご予約をお勧めします)

休診日: 日曜日、ベトナムの祝日

Closed: Sun, national holidays

無料送迎サービス:専用車で送迎します

対応言語 : 日・英・越 

Languages: Jpn, English, Viet

日系海外保険旅行保険(キャッシュレスサービス)取扱い

連絡先 Contacts

Tel              :  024 3661 1919

Fax             :  024 3661 1818

Address      : 10F,  Hanoi Tourist Building,

                     18 Ly Thuong Kiet Street,

                      Hoan Kiem District, Hanoi

E-mail         : info@tokyo-clinic.tokyo

Website        http://tokyo-clinic.tokyo/

Facebook  東京インターナショナルクリニックハノイ

ハノイ MED X TALK ライフプロジェクト

Hanoi Clinic

 

初診の方へ

初診の場合、以下のものをご持参下さい。

・パスポート

・海外旅行保険カード

・お薬手帳、または内服中のお薬

・他院からの紹介状(あれば)

TOKYO INTERNATIONAL CLINIC MAP

ハノイ 観光、行政の中心であるホアンキエム地区にあります。オペラハウスのすぐ近くです。ハノイ市内無料専用送迎車ご利用できます。

取扱い保険会社

リンク

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

https://viethich.com/

 

 

 

 

 

 

現在地: ホーム当院について予防接種

インフルエンザワクチン開始のお知らせ

Written by  Read 6750 times

 2019年—2020年シーズン インフルエンザワクチン

                東京インターナショナルクリニックハノイ

 

インフルエンザの有効な予防手段としてワクチンがあります。接種から2週間で効果が現れます。北半球では、毎年11月から4月に流行することが多いですので10月〜11月に予防接種を受けられると効果的です。

 

毎年製造されるインフルエンザワクチンに関しては、WHO(世界保険機構)がその年の推奨される株を毎年2—3月に発表したものを、期待される有効性およびワクチンの供給可能量を踏まえた上で、双方を考慮した有益性が最大となるよう検討し、作成されています。ちなみに日本の2019年—2020年シーズンのワクチンは以下の4株がワクチン製造株(4価ワクチン)として選定されました。

A型株

  • A/ブリスベン/02/2018(IVR-190)(H1N1)pdm09
  • A/カンザス/14/2017(X-327)(H3N2)

B型株

  • B/プーケット/3073/2013(山形系統)
  • B/メリーランド/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)

 

2019年-2020年シーズンのインフルエンザワクチンにおいて、ベトナム保健省が認可したワクチンのうち、早期に入荷可能なものを優先しました。

 

2019年—2020年シーズンの当院のワクチン(GC-FLU 3価ワクチンGC Pharma社)

A型株

  • A/ブリスベン/02/2018(IVR-190)(H1N1)pdm09
  • A/カンザス/14/2017(X-327)(H3N2)

B型株

  • B/メリーランド/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)

(B/プーケット/3073/2013(山形系統)が含まれず)

 

 

ワクチンの接種回数

 

アメリカのインフルエンザワクチンの接種回数

 

アメリカ合衆国では、冬季のインフルエンザ予防接種について、初めて接種を受けるシーズンであれば、生後6か月から8歳までのこどもの場合、4週間以上の間隔をあけての2回接種が推奨されています。前シーズンまでに4週間以上の間隔で累計で2回以上インフルエンザワクチンの接種を受けていれば、生後6か月から9歳未満までのこどもの場合、1回接種となります。つまり過去にトータルで2回接種を受けていれば、1回のみとなります。また9歳以上は、原則1回となります。2歳までは1回量は0.25ml、3歳以上は0.5mlとなります。

 

WHO(世界保健機構)推奨のインフルエンザワクチンの接種回数

 

生後6ヶ月から2歳は年に2回、3歳から8歳までは1-2回(前年度ワクチン未接種者に対しては2回)

9歳以上は1回となります。アメリカ式に近いですが2歳までは2回、3歳ー8歳も前年度に受けているかどうかで変わるという少し複雑な方法となります。

 

当院では、原則アメリカ式を採用しておりますが、ご希望の場合はWHO式でも日本式でも行うことは可能です。

 

日本のインフルエンザの接種方法 

  

生後6ヶ月から12歳までは、そのシーズン毎に2回接種、生後6ヶ月ー2歳は、1回0.25ml、3歳以上は1回0.5ml。

 

1:通常、生後6ヶ月未満の乳児には接種しないことになっていますので、6ヶ月未満の乳児が家族にいる場合は、感染を防ぐために家族全員がワクチンを接種して予防することが大切です。また、妊婦さんがインフルエンザワクチン接種をした場合、生後6ヶ月まで乳児にも効果があることが報告されています。海外では妊婦さんへの接種が推奨されています。


2:1回目と2回目の接種の間隔は、免疫効果を考慮すると4週間あけることが望ましいとされていますが、13歳以上であれば1週間、それ以外の方は2週間でも可能です。13歳以上の方の2回接種は、インフルエンザに対する免疫力を上げたいと期待される方(医療従事者など)に行うことがあります。

 

Rate this item
(0 votes)
Last modified on 水曜, 11 12月 2019 10:00